人気ブログランキング |

4月22日Ⅰ歴代誌1-3章『歴史を導く神』

懸賞 2014年 04月 22日 懸賞

『歴史を導く神』

【1:1 アダム、セツ、エノシュ、1:2 ケナン、マハラルエル、エレデ、1:3 エノク、メトシェラ、レメク、1:4 ノア、セム、ハム、それにヤペテ。1:5 ヤペテの子孫は、ゴメル、・・・】

①主は、アダムが堕落した瞬間に、
アダムの子孫にイエス様を誕生させ、
悪魔が奪ったものをすべて取り返す計画を立てられました。

そしてアダムの子孫は、ノア、アブラハム、ダビデと続き
、何度も消え入りそうな時を通過しながらも、
無事に救い主として「イエス様」が誕生されました。

②そしてイエス様は十字架の贖いの業を完了され、
復活の勝利を通じて、私たちに「希望」を与えて下さったのです。

③系図を通じて教えられることは、
どのような難しい問題が起きたとしても、
時を支配しておられる主は、「良い計画」を私たちに施して下さることです。

「すべてが終わるように見えること」が起きても、
失望で終わらないということです。

主は「死から甦らせるほどの力」を私たちに与えて下さり、
その時に私たちは立ち上がり、また前を向いて歩くことができるのです。YccFuji











20140421

by Happiness-eachday | 2014-04-22 05:23 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20603602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月23日Ⅰ歴代4-6章『悲し...   4月21日2列王記22-25章... >>