人気ブログランキング |

4月14日2列王記1-3章『全能者の力』

懸賞 2014年 04月 14日 懸賞

『全能者の力』

【3:14 エリシャは言った。「私が仕えている万軍の【主】は生きておられる。もし私がユダの王ヨシャパテのためにするのでなかったなら、私は決してあなたに目も留めず、あなたに会うこともしなかったでしょう。3:16 彼は次のように言った。「【主】はこう仰せられる。『この谷にみぞを掘れ。みぞを掘れ。』3:17 【主】がこう仰せられるからだ。『風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。あなたがたも、あなたがたの家畜も、獣もこれを飲む。』3:18 これは【主】の目には小さなことだ。主はモアブをあなたがたの手に渡される。・・・」」】

①主は水が無くなる状況下で、
ユダのヨシャパテ王の信仰を用いて、
兵士たちと家畜のための水を与えました。

主が働かれるならば、水も戦いの勝利も与えられることを主は教えられたのです。

②私たちは主が『全能者』であることを知っています。
しかしある状況下では、知っていても「信じていないこと」があるのです。
そして主はそのような状況下で、
「信じることができるような印」を与えられるのです。

③信仰は与えられるものです。
私たちはそのしるしを敏感に受け取る必要があります。

しるしに気づきさえすれば、信仰は難しくないのです。
そしてその与えられた信仰によって、『奇跡』を体験できるのです。YccFuji










20140414

by Happiness-eachday | 2014-04-14 05:35 | 2014年4-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20575247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月15日2列王4-6章『信仰の力』   4月13日Ⅰ列王記19-22章... >>