人気ブログランキング |

2月24日申命記10-12章『足で踏んだところが…所有地となる』

懸賞 2014年 02月 24日 懸賞

『足で踏んだところが…所有地となる』

【11:22 もし、あなたがたが、私の命じるこのすべての命令を忠実に守り行い、あなたがたの神、【主】を愛して、主のすべての道に歩み、主にすがるなら、11:23 【主】はこれらの国々をことごとくあなたがたの前から追い払い、あなたがたは、自分たちよりも大きくて強い国々を占領することができる。
11:24 あなたがたが足の裏で踏む所は、ことごとくあなたがたのものとなる。・・・11:25 だれひとりとして、あなたがたの前に立ちはだかる者はいない。あなたがたの神、【主】は、あなたがたに約束されたとおり、あなたがたが足を踏み入れる地の全面に、あなたがたに対するおびえと恐れを臨ませられる。11:26 見よ。私は、きょう、あなたがたの前に、祝福とのろいを置く・・・】

①私たちの人生には、様々な主から『プレゼント』があります。
私たちはそれを受け継ぐように、計画されているのです。

②しかしそれを「自分のもの」として「支配し続ける」には
条件があります。
『信仰で受け取る』ことと
『出て行って、実際にその地を踏むこと』です。

足で踏んでいなければ、
他の力が所有権を主張してしまうでしょう。

支配するとは、そこに留まっていなければ、ならないのです。

・・・あなたの人生の「祝福の約束」を信じましょう。
そしてその地を『踏み続け』ましょう。

主は祝福を「一瞬の支配」ではなく、
「永続的な支配」として、あなたに願っているのです。YccFuji












20140224

by Happiness-eachday | 2014-02-24 05:15 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20387794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月25日申命記13-15章『...   2月23日申命記7-9章『主の訓練』 >>