人気ブログランキング |

2月20日民数記34-36章『境界線を定める神』

懸賞 2014年 02月 20日 懸賞

『境界線を定める神』

【34:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。34:2 「イスラエル人に命じて、彼らに言え。あなたがたがカナンの地に入るとき、あなたがたの相続地となる国、カナンの地の境界は次のとおりである。34:3 あなたがたの南側は、エドムに接するツィンの荒野に始まる。南の境界線は、東のほうの塩の海の端に始まる。・・・」】

①主は、約束の地「カナン」の境界線を定め、
土地配分のための責任者を定めました。
彼らには、「支配すべき土地」の範囲が定められていたのです。

②主は私たちに管理を任せる時に、その境界線を定めるのです。
そして、その中に責任を持つように「責任者」を立てられるのです。

③私たちにも境界線が定められています。
自分自身の境界線、仕事の責任の境界線、人間関係での境界線・・・
その境界線を明確にし、
その内側を守り、
外側を(主に委ねつつ)、責任を取るべき者に上手に託することが、
人間関係や良い仕事をする上で、
どうしても必要なことなのです。

・・・「境界線を明確に教えて頂けるように」、主に祈りましょう。
そして「その内側に責任を持てるように」祈りましょう。

この境界線(バウンダリー)の教えは、旧約だけではなく、
新約にも記されている教えなのです。YccFuji

使徒「17:26 神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。」












20140220

by Happiness-eachday | 2014-02-20 05:08 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20377142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月21日申命記1-3章『向き...   2月19日民数記31-33章『... >>