人気ブログランキング |

2月14日民数記16-18章『主の選びの確かさ』

懸賞 2014年 02月 14日 懸賞

『主の選びの確かさ』

【17:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。17:2 「イスラエル人に告げて、彼らから、杖を、父の家ごとに一本ずつ、彼らの父祖の家のすべての族長から十二本の杖を、取れ。その杖におのおのの名を書きしるさなければならない。17:3 レビの杖にはアロンの名を書かなければならない。・・・
17:8 その翌日、モーセはあかしの天幕に入って行った。すると見よ、レビの家のためのアロンの杖が芽をふき、つぼみを出し、花をつけ、アーモンドの実を結んでいた。・・・】

①レビ人のコラの子たちは、
自分たちがアロンと親戚であるにもかかわらず、
祭司職を得ていないことに反発して、
モーセとアロンに逆らいました。

その結果、コラの子たちは裁きを受けてしまったのです。

②主は、このような反逆の防止として、
アロンの杖の奇跡を全会衆に見せ、
「主の選びの確かさ」を教えたのです。

③残念ながら人間の中には、
反逆心や比較する心があります。
その結果、嫉妬や憎しみ、争いが起きるのです。

しかし主は、それぞれに能力と使命を前もって与え、
互いに協力するように計画していたのです。

④主の使命を理解するならば、
働きが「名誉心」ではなく「主に対する応答」であることが分かります。

私たちには、それぞれ異なった使命が与えられ、
神様の計画のために用いられているのです。

・・・「自分に与えられた使命を果たすこと」、
このことが私たちの人生にとって「最も大切なこと」です。
そして、主はその「使命」を私たちに明らかに示して下さるお方なのです。YccFuji











20140214

by Happiness-eachday | 2014-02-14 05:34 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20351592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月15日民数記19-21章『...   2月13日民数記13-15章『... >>