人気ブログランキング |

2月10日民数記4-6章『主を信じる者の祝福の祈り』

懸賞 2014年 02月 10日 懸賞

『主を信じる者の祝福の祈り』

【6:23 「アロンとその子らに告げて言え。あなたがたはイスラエル人をこのように祝福して言いなさい。6:24 『【主】があなたを祝福し、あなたを守られますように。6:25 【主】が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。6:26 【主】が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』6:27 彼らがわたしの名でイスラエル人のために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう。」】

①アロンとその子らには、祭司の使命が与えられていました。
主は、彼らに祭司として、民を祝福するように、と語られたのです。

②新約において、主を信じる者は
「王である祭司」と語られています(1ペテロ2:9)。
ですから、現在においては、クリスチャンも「祭司として」、
周りの人々を祝福する使命が与えられているのです。

③「祝福するならば、その祈りを聞く」と主は語られます。
ですから、私たちは心の準備をして、絶えず祈り、人々の祝福を祈るのです。

・・・あなたは、人々を祝福する準備ができていますか?
もし十分できていなくても、
自分の立場を理解して、
少しずつでもその働きをしていくならば、
そのような人へと作り変えられていくのです。

・・・自分の立場・使命を理解しましょう。
聖書はあなたにとって関わりのないものではなく、
あなたが知らない「あなたの立場と使命」を伝える神の書物なのです。YccFuji











20140210

by Happiness-eachday | 2014-02-10 10:48 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20338614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月11日民数記5-6章『主と...   2月9日民数記1-3章『集団の... >>