人気ブログランキング |

2月6日レビ記19-21章『主の願いを尊重する』

懸賞 2014年 02月 06日 懸賞

『主の願いを尊重する』

【19:1 ついで【主】はモーセに告げて仰せられた。19:2 「イスラエル人の全会衆に告げて言え。あなたがたの神、【主】であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない。19:3 おのおの、自分の母と父とを恐れなければならない。また、わたしの安息日を守らなければならない。わたしはあなたがたの神、【主】である。19:4 あなたがたは偶像に心を移してはならない。また自分たちのために鋳物の神々を造ってはならない。わたしはあなたがたの神、【主】である・・・」】

①主は、モーセを通じて、神の民に確認をしました。
それは主の命令を尊重する(守る)ことです。

新約の現代においても、この思想は変わりません。
私たちは、自分自身が願うことを尊重はしますが、
それ以上に主の願いを尊重することが大切なのです。

②これには前提があります。
それは『主が限りなく、私たちの自由意思を尊重して下さること』です。
その上で、私たちが幸せに生きるために
『生きる指針(神の法則)』を語られているのです。

・・・『聖を求めること』
『両親を敬うこと』
『主を一番にして、定期的な休息を取ること』
『良くないものに頼って、人生を破たんさせないこと』
これらは、どれも大切なことです。

主が「わたしたちの幸せのために」命じられていることが、
「主の教え」であることを受けとめましょう。

主は私たちの幸せを
「わたしたち以上に」考えておられるお方なのです。YccFuji










20140206

by Happiness-eachday | 2014-02-06 09:12 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20322476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月7日レビ記22‐24章『真...   2月5日レビ記16-18章『罪... >>