人気ブログランキング |

1月31日レビ記1-3章『和解のいけにえ』

懸賞 2014年 01月 31日 懸賞

『和解のいけにえ』

【3:1 もしそのささげ物が和解のいけにえの場合、牛をささげようとするなら、雄でも雌でも傷のないものを【主】の前にささげなければならない。3:2 その人はささげ物の頭に手を置く。それは会見の天幕の入口の所でほふられる。そして、祭司であるアロンの子らは祭壇の回りにその血を注ぎかけなさい。・・・3:6 【主】への和解のいけにえのためのささげ物が、羊である場合、雄でも雌でも傷のないものをささげなければならない。3:7 もしそのささげ物として子羊をささげようとするなら、それを【主】の前に連れて来る。3:8 その人はささげ物の頭の上に手を置く。そして、それは会見の天幕の前でほふられる。アロンの子らは、その血を祭壇の回りに注ぎかけなさい。・・・】

①旧約において、主との交わりのために『和解のいけにえ』が必要でした。
まず自分の罪を動物に移し、その動物の死によって、
罪赦しと和解がなされるのです。

②人間は「人類始祖アダムとエバ」の
「神への反逆」により、
神の元に帰るには犠牲が必要だったのです。

③もし私たちに「イエス様の犠牲」が無ければ、
今も私たちには犠牲が必要でした。
そうでなければ、「罪の赦し」も「神との交わり」も無かったのです。

旧約も新約も同じ主です。
ただしイエス様以降は、イエス様の犠牲のおかげで、
イエス様を信じるだけで、「非常にに恵まれた立場」を頂くことができるのです。

イエス様の犠牲を感謝しましょう。
この犠牲の大きさは、どれだけ感謝しても足りないほどのものなのです。YccFuji








20140131

by Happiness-eachday | 2014-01-31 01:28 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20297593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月1日レビ記4-6章『祈りを...   1月30日出エジプト37-40... >>