人気ブログランキング |

1月4日創世記10-12章『主に従うものに与えられた祝福』

懸賞 2014年 01月 04日 懸賞

『主に従うものに与えられた祝福』

【12:1 【主】はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。12:2 そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。12:3 あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」12:4 アブラムは【主】がお告げになったとおりに出かけた。ロトも彼といっしょに出かけた。アブラムがハランを出たときは、七十五歳であった。・・・】

①アブラハムは、信仰の父と言われている人物です。
彼は、創造主に従い、
住み慣れた自分の故郷から『創造主に示される地』へと出発したのです。

②人生には良いこともあれば、悪いこともあります。
慣れていることもあれば、そうでないこともあるのです。
しかし大切なことは『既成概念を越えて』主の導きに従い続けることです。

あなたのこだわりに留まり続けるならば、
あなたの把握できる範囲しか、道は開けません。
しかしあなたの『既成概念を越えて』主に導きに従うならば、
あなたに「理解を越えた祝福や計画」を歩むことができるのです。

・・・こだわりを越えましょう。
そして祈りながら『確実な主の導き』を受け止めるのです。

これが『一度しかない人生』を最高に生きる秘訣なのです。

イエス様を信じる者は、アブラハムの子孫です。(ガラテヤ3章)。
それは、あなたの人生を主が導き、用いられるということなのです。YccFuji









20140104

by Happiness-eachday | 2014-01-04 12:35 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20187875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月5日創世記13-15章『信...   1月3日創世記7-9章『人の赦... >>