人気ブログランキング |

1月3日創世記7-9章『人の赦しの必要性』

懸賞 2014年 01月 03日 懸賞

『人の赦しの必要性』

【8:15 そこで、神はノアに告げて仰せられた。8:16 「あなたは、あなたの妻と、あなたの息子たちと、息子たちの妻といっしょに箱舟から出なさい。」
8:20 ノアは、【主】のために祭壇を築き、すべてのきよい家畜と、すべてのきよい鳥のうちから幾つかを選び取って、祭壇の上で全焼のいけにえをささげた。8:21 【主】は、そのなだめのかおりをかがれ、【主】は心の中でこう仰せられた。「わたしは、決して再び人のゆえに、この地をのろうことはすまい。人の心の思い計ることは、初めから悪であるからだ。・・・」】

①ノアの時代、創造主は「人の罪」の故に、洪水で、この地を一度滅ぼしました。
しかしノアが祭壇を築き、礼拝した時
「今後は、罪のために地を洪水で滅ぼさない」と言われたのです。

②人間の限界がここに書かれてあります。
人間は自力では、裁きからの救いの道も、罪の赦しも得ることができないのです。

③ですから、イエス様が必要であり、
「イエス様の十字架の罪の赦し」が私たちには必要なのです。

・・・私たちが完全でないことを知りましょう。
完全なふりをしていても、それは本当ではありません。
私たちは、ただ救い主を信じてすがるしかない立場なのです。

自分を正直に見つめることができる人は、
深い部分にまで「罪の赦し」と「心の聖め」を体験できるのです。YccFuji










20140103

by Happiness-eachday | 2014-01-03 06:00 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20181979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月4日創世記10-12章『主...   1月2日創世記4-6章『心を見... >>