人気ブログランキング |

1月1日創世記1-3章『無から有を創り出された創造主』

懸賞 2014年 01月 01日 懸賞

『無から有を創り出された創造主』

【1:1 初めに、神が天と地を創造した。1:2 地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。1:3 神は仰せられた。「光があれ。」すると光があった。1:4 神は光を見て良しとされた。神は光とやみとを区別された。1:5 神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕があり、朝があった。第一日。1:6 神は仰せられた。「大空が水の真っただ中にあれ。水と水との間に区別があれ。」・・・】

①創造主は、全く何もないところから、
この宇宙を創り、
すべての法則性を創りだされました。

主は無から有を創りだされるお方なのです。

②私たち人間も、「神のかたち(イマゴディ)」として
神の似姿に造られました。
ですから人間は、
創造性を備えられており、
心でイメージしたものを、造り出す能力が与えられているのです。

③年の初めに、創造主に祈りつつ、
一年のビジョンを頂きましょう。
今は何も形が見えないかもしれませんが、
あなたが考えたことが、今年実現していくのです。

ですから、健康的な信仰(心)を持ちましょう。

④そのために「聖書を毎日読み」「祈り」イエス様と多くの時間を過ごすのです。
そしてイエス様に「心を整えて」頂きましょう。

あなたが、心で『良いこと』をたくさん考えるならば、
あなたは今年『良い働き』をたくさんすることができるのです。YccFuji














20140101

by Happiness-eachday | 2014-01-01 05:02 | 2014年1-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20173416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月2日創世記4-6章『心を見...   12月31日黙示録20-21章... >>