人気ブログランキング |

12月29日黙示録13-15章『神に選ばれた者たち』

懸賞 2013年 12月 29日 懸賞

『神に選ばれた者たち』

【14:1 また私は見た。見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。14:2 私は天からの声を聞いた。大水の音のようで、また、激しい雷鳴のようであった。また、私の聞いたその声は、立琴をひく人々が立琴をかき鳴らしている音のようでもあった。14:3 彼らは、御座の前と、四つの生き物および長老たちの前とで、新しい歌を歌った。しかし地上から贖われた十四万四千人のほかには、だれもこの歌を学ぶことができなかった。】

①主は、キリストを信じ「いのちの書」に記されている者たちを、
天国に連れて行く権威を持っておられます。
悪魔がいくら文句を言いたくても、
言えないだけの「罪の代価」をキリストは支払われたからです。

②このことは本当の素晴らしいことです。
私たちは、裁判を待つ被告人のように
『その決定』に何も言えない立場なのです。

しかしキリストを信じる者には、額に『主の名』が記されており、
そのしるしのお蔭で、天国に入ることができ、新しい歌を歌うことができるのです。

これは信じられないような恵みです。

③ですから私たちクリスチャンは、
この事実を伝えようと、
生きている間に、一人でも多くの人にキリストを伝えようとするのです。

イエス様を信じたあなたは、「選ばれた恵み」を感謝しましょう。
「あなたの死後」は安泰であり、
今は「神の願いに生きる特権」までも与えられているのです。YccFuji









20131229

by Happiness-eachday | 2013-12-29 05:05 | 2013年10月-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20160898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月30日黙示録15-20章...   12月28日黙示録10-12章... >>