人気ブログランキング |

11月29日2コリント1-3章『人は主に向くときに解放される』

懸賞 2013年 11月 29日 懸賞

『人は主に向くときに解放される』

3:14今日に至るまで、古い契約が朗読されるときに、同じおおいが掛けられたままで、取りのけられてはいません。なぜなら、それはキリストによって取り除かれるものだからです。3:15 かえって、今日まで、モーセの書が朗読されるときはいつでも、彼らの心にはおおいが掛かっているのです。3:16 しかし、人が主に向くなら、そのおおいは取り除かれるのです。3:17 主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。3:18 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。】

①私たち自身では、実は自分のことがわかりません。
それは覆いがかけられたようなものなのです。

②どうしたら、私たちの本当の姿が分かるのでしょう?
それは主に向き、主に近づこうとすることから始まります。
主に近づくならば、鏡に反射するように、自分自身の姿が映しだされるのです。

③しかしそれだけでは、私たちは解放されません。
(実は主に近づけば近づくほどに、自分自身に覆いがかかっていることに気が付かされるのです)

④覆い(罪・咎・ゆがみ)に気が付く瞬間に、
イエス様に罪を告白し、
十字架に「悪いもの」を付けるのです。

そうする度に、一枚一枚薄皮を剥ぐように、歪みが取りのけられていくのです。

毎日イエス様を意識する(見続ける)ことは、自由になるために不可欠なのです。

・・・イエス様のことを毎日考えましょう。
そして聖霊様の助けを受け取りましょう。
『人が主に向く』ならば、解放されるのです。
YccFuji








20131129


by Happiness-eachday | 2013-11-29 00:47 | 2013年10月-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/20037406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11月30日2コリント4-6章...   11月28日Ⅰコリント13-1... >>