人気ブログランキング |

9月27日ヨエル1-3章『回復を起こされる主を、信じる』

懸賞 2013年 09月 27日 懸賞

『回復を起こされる主を、信じる』

【2:17 【主】に仕える祭司たちは、神殿の玄関の間と祭壇との間で、泣いて言え。「【主】よ。あなたの民をあわれんでください。あなたのゆずりの地を、諸国の民のそしりとしたり、物笑いの種としたりしないでください。国々の民の間に、『彼らの神はどこにいるのか』と言わせておいてよいのでしょうか。」2:18 【主】はご自分の地をねたむほど愛し、ご自分の民をあわれまれた。
2:25 いなご、ばった、食い荒らすいなご、かみつくいなご、わたしがあなたがたの間に送った大軍勢が、食い尽くした年々を、わたしはあなたがたに償おう。】

①この書簡は、南ユダのヨアシュの時代に書かれたと考えられています。
敵国の侵入によって決定的に打ち破られた後、
主は素晴らしい回復を約束され、
民はそれを受け取りました。

②全能者である創造主を信じても、
期間限定で「お前たちの神を信じても何のメリットもない」と言われる
不毛な時代(1章)を経験する時があるのです。

信じても求めても、全く苦しみから解放されない
「冬の時代」を経験する時があるのです。

③しかし後に、「主の回復の時」がくると
「今までのマイナス」がすべて埋め合わされる程の
「大きな恵み」がやってきます。

これは必ず実現するのです。

・・・信じて受け取りましょう。
そして主と交わる「霊的なアンテナ」を研ぎ澄ましましょう。

これは(祈り・御言葉を黙想し)毎日コツコツと主に聞き続けることで磨かれます。

 今日も主に祈り、導きを受け取りましょう。
冬の時代こそ大切なのです。

「主の言葉」を聞き続けるならば、
あなたは主の時を知ることができ、
「奇跡」と思えるようなことを、受け取れるのです。
YccFuji











20130927

by Happiness-eachday | 2013-09-27 05:58 | 2013年7月‐9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/19721923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月28日アモス1-3章『計画...   9月26日ホセア11-14章『... >>