人気ブログランキング |

9月21日ダニエル7-9章『主の計画を受け取る心構え』

懸賞 2013年 09月 21日 懸賞

『主の計画を受け取る心構え』

【9:2 すなわち、その治世の第一年に、私、ダニエルは、預言者エレミヤにあった【主】のことばによって、エルサレムの荒廃が終わるまでの年数が七十年であることを、文書によって悟った。9:3 そこで私は、顔を神である主に向けて祈り、断食をし、荒布を着、灰をかぶって、願い求めた。9:4 私は、私の神、【主】に祈り、告白して言った。「ああ、私の主、大いなる恐るべき神。あなたを愛し、あなたの命令を守る者には、契約を守り、恵みを下さる方。9:5 私たちは罪を犯し、不義をなし、悪を行い、あなたにそむき、あなたの命令と定めとを離れました。
9:18 私の神よ。耳を傾けて聞いてください。目を開いて私たちの荒れすさんださまと、あなたの御名がつけられている町をご覧ください。私たちが御前に伏して願いをささげるのは、私たちの正しい行いによるのではなく、あなたの大いなるあわれみによるのです。9:19 主よ。聞いてください。主よ。お赦しください。主よ。心に留めて行ってください。私の神よ。あなたご自身のために遅らせないでください。あなたの町と民とには、あなたの名がつけられているからです。」】

①ダニエルは、
バビロン捕囚の苦しみが70年で終わることを、エレミヤの預言によって悟りました。
そしてその約束を握り「へりくだって」主に祈ったのです。

②主は私たちに、「災いではなく、平安を与える計画」を持っておられます。
それは私たちの良いことをした報いではなく、
「一方的な主の憐れみ」なのです。

ですから私たちは恵みを「当然受けるもの」ではなく、
「へりくだって」受けるべきなのです。

私たちは高慢です。それは神(創造主)を無視して生きることができるからです。

・・・今日も主の前にへりくだりましょう。
へりくだりこそ、恵みを受けとる最善の姿勢なのです。
そこには「罪の告白」と「感謝」が主に捧げられるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-09-21 09:36 | 2013年7月‐9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/19689474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月22日ダニエル10-12章...   9月20日ダニエル書4-6章『... >>