人気ブログランキング |

7月21日伝道者10-12章『人生の最も重要なこと』

懸賞 2013年 07月 21日 懸賞

『人生の最も重要なこと』

【12:1 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。12:2 太陽と光、月と星が暗くなり、雨の後にまた雨雲がおおう前に。・・・
12:6 こうしてついに、銀のひもは切れ、金の器は打ち砕かれ、水がめは泉のかたわらで砕かれ、滑車が井戸のそばでこわされる。12:7 ちりはもとあった地に帰り、霊はこれを下さった神に帰る。12:8 空の空。伝道者は言う。すべては空。
12:12 わが子よ。これ以外のことにも注意せよ。多くの本を作ることには、限りがない。多くのものに熱中すると、からだが疲れる。12:13 結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。12:14 神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。】

①知恵に満ち、栄華を極めたソロモン王は、
この書の最後に「創造主を覚えること」を書き記しました。

そして「主を畏れ」「主の命令を守ること」を記したのです。

②地上の人生は、長く生きても100年前後です。
しかしその後の人生までも支配しておられる「創造主」が
私たちと関わっておられるとすれば、
この方との関係が「人生の最重要課題」なのです。

主を信じることと共に「神の命令」を守ることが大切です。
それはあなたを守り、あなたの周りの人々に、
良い影響を与えるカギなのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-07-21 05:50 | 2013年7月‐9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/19304986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月22日ソロモンの雅歌1-4...   7月20日伝道者7-9章『主の... >>