人気ブログランキング |

6月11日詩篇30-33篇『涙の後の喜び』

懸賞 2013年 06月 11日 懸賞

『涙の後の喜び』

【30:4 聖徒たちよ。【主】をほめ歌え。その聖なる御名に感謝せよ。30:5 まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。
30:10 聞いてください。【主】よ。私をあわれんでください。【主】よ。私の助けとなってください。30:11 あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。・・・】

①この詩もダビデによるものです。
人生には「裁きの中」にいるような
「涙を止められない」ようなことが、時に起こります。

しかしその悲しみの時には「終わり」があるのです。

②そのような苦しみの時に、私たちは主に叫びます。
そして主はその叫びを「必ず聞いて下さる」のです。

・・・「夕暮れには涙があっても、朝焼けには喜びの叫びがある」ことを覚えましょう。
苦しみには終わりがあることを知って、今のベストをし続けましょう。

創造主を信じることは、
自分を見失わず、
自分のこころを制し、
「創造主の良い計画」の中を歩むことなのです。

そうすれば、「喜びの叫び」まで到達できるからです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-06-11 08:50 | 2013年4月-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/18936069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月12日詩篇34‐37篇『主...   6月10日詩篇26‐29章『悪... >>