人気ブログランキング |

5月30日ヨブ記24‐27章『自己義の限界』

懸賞 2013年 05月 30日 懸賞

『自己義の限界』

【27:1 ヨブはまた、自分の格言を取り上げて言った。27:2 私の権利を取り去った神、私のたましいを苦しめた全能者をさして誓う。27:3 私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、27:4 私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。27:5 あなたがたを義と認めることは、私には絶対にできない。私は息絶えるまで、自分の潔白を離さない。27:6 私は自分の義を堅く保って、手放さない。私の良心は生涯私を責めはしない。27:7 私の敵は不正をする者のようになれ。私に立ち向かう者はよこしまな者のようになれ。・・・】

①ヨブは、3人の友人たちの批判に対して、
「私はそのようなものではない」と反論し続けました。

確かに人間的な視点では、ヨブには問題はなかったのです。

②しかしこの後、ヨブは自分の限界に到達します。
それは「わたしは正しい(自己義)」と考える限界です。

③私たちの罪の根は、「自己中心」です。
それは、追い詰められて初めて現れる「本音」のようなものです。

きれいに取繕っている時には、明らかにならなくても、
優秀な医者によって病気の原因を見つけ出されるように、
最後の最後には、明らかになるのです。

④創造主は「自己義ではだめだ」と教えて下さいます。
そしてその最後の砦(自己義)を、
主に委ねて十字架につける時に、
私たちは、「御霊に導かれた」人生を歩むことができるのです。

・・・自分の「自己義」を知りましょう。
そしてそれを「罪として」主に告白していきましょう。

ヨブはそのように取り扱われ、回復していったのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-05-30 12:12 | 2013年4月-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/18875936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月31日ヨブ記28‐31章『...   5月29日ヨブ記20‐23章『... >>