人気ブログランキング |

4月13日Ⅰ列王記19-22章『回復の神』

懸賞 2013年 04月 13日 懸賞

『回復の神』

【19:3 彼(エリヤ)は恐れて立ち、自分のいのちを救うため立ち去った。ユダのベエル・シェバに来たとき、若い者をそこに残し、19:4 自分は荒野へ一日の道のりを入って行った。彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った。「【主】よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。私は先祖たちにまさっていませんから。」19:5 彼がえにしだの木の下で横になって眠っていると、ひとりの御使いが彼にさわって、「起きて、食べなさい」と言った。・・・
19:8 そこで、彼は起きて、食べ、そして飲み、この食べ物に力を得て、四十日四十夜、歩いて神の山ホレブに着いた。19:9 彼はそこにあるほら穴に入り、そこで一夜を過ごした。すると、彼への【主】のことばがあった。主は「エリヤよ。ここで何をしているのか」と仰せられた。・・・】

①エリヤは、バアルの預言者との戦いに勝利し、大きな昂揚感を持ちましたが、
しかしイゼベルの「のろいの言葉」を心に入れてしまい、
燃え尽きの様態になってしまったのです。

②創造主は、エリヤを休ませ、神の山に出かけさせ、
そこで新しい使命をエリヤに与えました。

それらのことにより、もう一度エリヤは回復し、
元のような素晴らしい働きを始めることができたのです。

・・・どれだけ優れた人でも、落ち込む時はあります。
しかし主は愛するものに元気を与え、回復を与えられるのです。

・・・主の回復の力を受け取りましょう。
主はあなたを元気にし、人生を楽しみ、充実できるように
「助けて」下さるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-04-13 08:40 | 2013年4月-6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/18532764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月14日Ⅱ列王記1-3章『解...   4月12日Ⅰ列王記16-18章... >>