人気ブログランキング |

3月12日士師記1‐3章『主にいつも仕える』

懸賞 2013年 03月 12日 懸賞

『主にいつも仕える』

【2:18 【主】が彼らのためにさばきつかさを起こされる場合は、【主】はさばきつかさとともにおられ、そのさばきつかさの生きている間は、敵の手から彼らを救われた。これは、圧迫し、苦しめる者のために彼らがうめいたので、【主】があわれまれたからである。2:19 しかし、さばきつかさが死ぬと、彼らはいつも逆戻りして、先祖たちよりも、いっそう堕落して、ほかの神々に従い、それに仕え、それを拝んだ。彼らはその行いや、頑迷な生き方を捨てなかった。・・・】

①ヨシュアの死後、人々は堕落し、真の神から離れてしまいました。
そしてそのために弱くなり、敵から攻められると、民は主に叫んだのです。
すると、主はその叫びを聞かれ、「さばきつかさ」を起こされ、
人々を助けました。

②しかし、「さばきつかさ」が死ぬと、
元に戻るばかりか、更にひどくなってしまったのです。

③新約時代は、イエス様を信じる者の心に
、「聖霊」が住んでおられるので、
主に導きを絶えず受けることができます。

しかし大切なことは、導きを聞くだけでなく
「主の願いを実行すること」です。

私たちの前に、良いリーダーがいてもいなくても、
私たちはいつも主に仕え、主の喜ばれることをし続けるのです。

これが新約時代の恵みであり、主への仕え方なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-03-12 08:34 | 2013年1月-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/18108829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月13日士師記4-6章『ギデ...   3月11日ヨシュア22‐24章... >>