人気ブログランキング |

2月14日民数記16-18章『神が与える秩序』

懸賞 2013年 02月 14日 懸賞

『神が与える秩序』

【16:1 レビの子ケハテの子であるイツハルの子コラは、・・・16:3 彼らは集まって、モーセとアロンとに逆らい、彼らに言った。「あなたがたは分を越えている。全会衆残らず聖なるものであって、【主】がそのうちにおられるのに、なぜ、あなたがたは、【主】の集会の上に立つのか。」・・・
17:1 【主】はモーセに告げて仰せられた。17:2 「イスラエル人に告げて、彼らから、杖を、父の家ごとに一本ずつ、彼らの父祖の家のすべての族長から十二本の杖を、取れ。その杖におのおのの名を書きしるさなければならない。17:8 その翌日、モーセはあかしの天幕に入って行った。すると見よ、レビの家のためのアロンの杖が芽をふき、つぼみを出し、花をつけ、アーモンドの実を結んでいた。」】

①イスラエルの民の中にも、いろいろな問題が起きました。
レビ人の「コラの子たち」は、自分たちに与えられた幕屋の奉仕に満足できず、
同じレビ人の「アロン」の大祭司職を「不公平」と言って、
批判したのです。

②その結果、「コラの子たち」は裁きを受けてしまいました。

③その後、主は、杖の奇跡を通じて、
大祭司「アロン」を代表とする「レビ人」が、
祭司の仕事をするように、特別に召されていることを、
民全体に示されたのです。

・・・神は「秩序の神」です。
リーダーを立て、助ける人を立て、
民全体を導くお方です。

この時私たちに大切な考え方は、
「人の働きをねたむ」ことではなく、
「自分の働きを忠実に行う」ことなのです。

自分のことだけでなく、全体のことを考えましょう。
そして「自分の役割」を教えられたならば、忠実に行いましょう。

主は「あなたの奉仕」を通じても、
「全体を良い方向」に導くお方なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-14 08:37 | 2013年1月-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17827904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月15日民数記19-21章『...   2月13日民数記13-15章『... >>