人気ブログランキング |

2月11日民数記7-9章『創造主の命令によって前進する』

懸賞 2013年 02月 11日 懸賞

『創造主の命令によって前進する』

【9:15 幕屋を建てた日、雲があかしの天幕である幕屋をおおった。それは、夕方には幕屋の上にあって火のようなものになり、朝まであった。 9:16 いつもこのようであって、昼は雲がそれをおおい、夜は火のように見えた。9:17 雲が天幕を離れて上ると、すぐそのあとで、イスラエル人はいつも旅立った。そして、雲がとどまるその場所で、イスラエル人は宿営していた。・・・
9:22 二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。9:23 彼らは【主】の命令によって宿営し、【主】の命令によって旅立った。彼らはモーセを通して示された【主】の命令によって、【主】の戒めを守った。】

①イスラエルが「移動の為の準備」ができた時、
創造主は「見える形」で、昼は雲の柱、夜は火の柱として、その姿を現わされされました。

それはイスラエルの民が、主の後を従うことができるようにとの、しるしでした。

・・・新約の現在においても、
主は私たちがどのようなタイミングで、新しい決断をしたら良いかの、
「しるし」をも見せて下さいます。

そして雲に導かれるように、主のタイミングで前進するならば、
素晴らしい導きを体験できるのです。

今日も祈って、主を見上げましょう。

そして「主のしるし」を受け取り、
「留まる」か「前進する」かの決断をするのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-11 10:15 | 2013年1月-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17805876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月12日民数記10-12章『...   2月10日民数記4-6章『人々... >>