人気ブログランキング |

2月2日レビ記7-9章『主に命じられた通りに行う』

懸賞 2013年 02月 02日 懸賞

『主に命じられた通りに行う』

【9:6 モーセは言った。「これは、あなたがたが行うように【主】が命じられたことである。こうして【主】の栄光があなたがたに現れるためである。」9:7 それから、モーセはアロンに言った。「祭壇に近づきなさい。あなたの罪のためのいけにえと全焼のいけにえをささげ、あなた自身のため、またこの民のために贖いをしなさい。また民のささげ物をささげ、【主】が命じられたとおりに、彼らのために贖いをしなさい。」9:8 そこで、アロンは祭壇に近づき、自分のために罪のためのいけにえの子牛をほふった。
9:23 ついでモーセとアロンは会見の天幕に入り、それから出て来ると、民を祝福した。すると【主】の栄光が民全体に現れ、9:24 【主】の前から火が出て来て、祭壇の上の全焼のいけにえと脂肪とを焼き尽くしたので、民はみな、これを見て、叫び、ひれ伏した。】

①モーセとアロンは、主に命じられた通りに、祭壇でいけにえを捧げ、主を礼拝しました。
すると、主は火でそれを焼き尽くし
、主が受け入れて下さったことを現されたのです。

②私たちは本来「罪人」ですから、
私たちのいけにえを、主は受け入れる義務はありません。
しかし主は「言われた通り」にさせることで、
私たちのいけにえを受け入れて下さったのです。

・・・新約では、
イエス様が「主の願われた通り」のいけにえを捧げ、
「罪の代価」を支払われました。

私たちは、義務としてのいけにえを捧げる必要はありません。

しかし、主に喜ばれるために「主の言葉」を聞き、
「感謝と賛美のいけにえ」を捧げることができるのです(へブル13:15)。

・・・今日も主に感謝を捧げましょう。
それはあなたが、主に捧げることができる、
素晴らしい「いけにえ」なのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-02-02 08:48 | 2013年1月-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17744477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月3日レビ記10-12章『聖...   2月1日レビ記4-6章『罪の為... >>