人気ブログランキング |

1月27日出エジプト28‐30章『大祭司の任職(罪の赦しの犠牲の大きさ)』

懸賞 2013年 01月 27日 懸賞

『大祭司の任職(罪の赦しの犠牲の大きさ)』

【29:1 あなたは、彼らを祭司としてわたしに仕えるように聖別するため、次のことを彼らにしなければならない。すなわち、若い雄牛一頭、傷のない雄羊二頭を取れ。・・・
29:35 あなたが、わたしの命じたすべてのことをそのとおりに、アロンとその子らに行ったなら、七日間、任職式を行わなければならない。29:36 毎日、贖罪のために、罪のためのいけにえとして雄牛一頭をささげなければならない。祭壇のための贖いをするときには、その上に罪のためのいけにえをささげ、これを聖別するために油をそそぐ。】

①神の前に、罪の赦しを求める大祭司の仕事をするには、
罪がきよめられ聖別されていなければなりませんでした。

そのために、特別ないけにえが捧げられ、7日間の聖別期間がもうけられたのです。
その上で、具体的な「罪の赦し」には更なるいけにえの規定がなされたのです。

②「罪の赦し」には、大きな犠牲と代価が支払われることを知らなければなりません。

・・・私たちの主イエス様は、ご自分のいのちによって代価を支払われました。
そして聖なる「永遠の大祭司」の立場にたたれたのです。

イエス様を見上げましょう。
そしてイエス様を信じる者に、雄牛やたくさんの犠牲を支払わなければならなかった「罪の赦し」が
「信仰のみ」で与えられることを感謝しましょう。

私たちは「恵みの時代」に生きているのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2013-01-27 07:23 | 2013年1月-3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17699185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 1月28日出エジプト31‐33...   1月26日出エジプト26-28... >>