人気ブログランキング | 話題のタグを見る

12月18日へブル10-13章『イエス様を見上げる』

懸賞 2012年 12月 18日 懸賞

『イエス様を見上げる』

【12:2 信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。12:3 あなたがたは、罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考えなさい。それは、あなたがたの心が元気を失い、疲れ果ててしまわないためです。
12:14 すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。12:15 そのためには、あなたがたはよく監督して、だれも神の恵みから落ちる者がないように、また、苦い根が芽を出して悩ましたり、これによって多くの人が汚されたりすることのないように、・・・】

①私たちの地上の人生には様々な苦しみがあります。
しかしその苦しみを通る時に、乗り越える秘訣は、
「イエス様見上げること」です。

心の目が開かれ、イエス様の力を体験する時に、
私たちは、飢えることや渇くことがない「霊的な力」を体験できるのです。

②又私たちのこころの方向が、「聖め」に向かうことは大切なことです。
光に向かう時に、私たちは聖められるからです。

そして苦いものが見つかった時に、
逃げるのではなく、告白と赦しを通じて「正しく対処」するのです。

そうすれば、あなたは解放され、
イエス様の光を又一つ、こころに受け取ることができるのです。

「イエス様を見上げ」ましょう。
そして力を頂きましょう。
聖めと解放はあなたのものだからです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-12-18 08:58 | 2012年10月-12月 | Trackback

<< 12月19日ヤコブの手紙『すべ...   12月17日へブル7-9章『キ... >>