人気ブログランキング |

12月17日へブル7-9章『キリストによる良心の聖め』

懸賞 2012年 12月 17日 懸賞

『キリストによる良心の聖め』

【9:11 しかしキリストは、すでに成就したすばらしい事がらの大祭司として来られ、手で造った物でない、言い替えれば、この造られた物とは違った、さらに偉大な、さらに完全な幕屋を通り、9:12 また、やぎと子牛との血によってではなく、ご自分の血によって、ただ一度、まことの聖所に入り、永遠の贖いを成し遂げられたのです。9:13 もし、やぎと雄牛の血、また雌牛の灰を汚れた人々に注ぎかけると、それが聖めの働きをして肉体をきよいものにするとすれば、9:14 まして、キリストが傷のないご自身を、とこしえの御霊によって神におささげになったその血は、どんなにか私たちの良心をきよめて死んだ行いから離れさせ、生ける神に仕える者とすることでしょう。】

①キリストは私たちのために、「全ての罪の赦し」と共に、
私たちの「良心を聖める働き」をして下さったのです。

ですからクリスチャンは、救いの恵みだけではなく、
「良心(こころ)」の取り扱いを受けるのです。

②クリスチャンになったから、すぐに罪を犯さなくなるわけではありません。
私たちのこころには「さまざまな部屋」があり、
その一つ一つの部屋を開けて「イエス様を迎え入れた時」、
「その部分」の癒しと解放を受けるのです。

・・・まだ開いていない部屋に、イエス様を迎え入れましょう。
「聖め」はあなたの力でできることではなく、
正直に自分を認め、告白をし、
イエス様を迎え入れることによって起きることなのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-12-17 09:47 | 2012年10月-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17444124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月18日へブル10-13章...   12月16日へブル4-6章『神... >>