人気ブログランキング |

12月15日へブル1‐3章『神の御声を聞く』

懸賞 2012年 12月 15日 懸賞

『神の御声を聞く』

【3:7 ですから、聖霊が言われるとおりです。「きょう、もし御声を聞くならば、3:8 荒野での試みの日に御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。3:9 あなたがたの父祖たちは、そこでわたしを試みて証拠を求め、四十年の間、わたしのわざを見た。3:10 だから、わたしはその時代を憤って言った。彼らは常に心が迷い、わたしの道を悟らなかった。3:11 わたしは、怒りをもって誓ったように、決して彼らをわたしの安息に入らせない。」3:12 兄弟たち。あなたがたの中では、だれも悪い不信仰の心になって生ける神から離れる者がないように気をつけなさい。3:13 「きょう」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。3:14 もし最初の確信を終わりまでしっかり保ちさえすれば、私たちは、キリストにあずかる者となるのです。】

①へブルの手紙は、キリストを信じる素晴らしさと、
信仰をもっている者に、苦難があっても堅く信仰に立つようにと、
励ましている書物です。

②信仰は、「御声を聞く」ことが非常に大切なことです。
聖書は「御声を聞く」ならば、導かれた人生を送ることができると証ししているのです。

・・・神の御声を聞く準備は、
神に祈り、聖書を読み、「神に心を向けること」です。
朝のディボーションはそのために非常に大切なことなのです。

今日も創造主に助けを求め、導きを求めましょう。
主に祈り、一日を出発しましょう。
そうすれば「危ない時」にあなたは助けられるのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-12-15 08:41 | 2012年10月-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17431351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月16日へブル4-6章『神...   12月14日ピレモンの手紙『パ... >>