人気ブログランキング |

12月2日ガラテヤ1‐3章『信仰による祝福』

懸賞 2012年 12月 02日 懸賞

『信仰による祝福』

【3:6 アブラハムは神を信じ、それが彼の義とみなされました。それと同じことです。 3:7 ですから、信仰による人々こそアブラハムの子孫だと知りなさい。
3:13 キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。3:14 このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。】

①使徒パウロは、救いは「行い」ではなく「信仰」によってであると、
何度も語っています。

なぜなら、行い(律法)を大切にする人たちが、
「信仰による救い」を否定するような言動を取ったためです。

②パウロはその間違いを正し、
イエスキリストを信じることは、
信仰の父「アブラハムの祝福」を相続することだと明確に語ったのです。

「救いの本流」の恵みを受けたことを感謝しましょう。
歴史上の偉人たちが「この救い」を求めていたのです。

今日から「アドベント(待降節)1週」が始まります。
主を待ちわびる思いでこの時期を過ごしましょう。

そして教会の「礼拝会」でたくさんの恵みを体験しましょう。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-12-02 08:13 | 2012年10月-12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/17341883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月3日ガラテヤ4-6章『御...   12月1日Ⅱコリント10-13... >>