9月6日エゼキエル13-15章『裁きと人の救い』

懸賞 2012年 09月 06日 懸賞

『裁きと人の救い』

【14:12 次のような【主】のことばが私にあった。14:13 「人の子よ。国が、不信に不信を重ねてわたしに罪を犯し、そのためわたしがその国に手を伸ばし、そこのパンのたくわえをなくし、その国にききんを送り、人間や獣をそこから断ち滅ぼすなら、14:14 たとい、そこに、ノアとダニエルとヨブの、これら三人の者がいても、彼らは自分たちの義によって自分たちのいのちを救い出すだけだ。・・・」】

①主は罪に対しては裁かれるお方です。
不信に不信を続けた者に対しては、悪い種の刈り取りが成されるのです。

②しかし正しい人は、その中でも「救い」を受けることができます。

・・・造り主が正しい方であることをもう一度知りましょう。
そして正しい方に反抗する者たちには、祝福が無くなることを知りましょう。

主は審判をされる権威をもっておられるお方です。

人生の祝福は、
主に喜ばれる「動機と行動」によって与えられるのです。
それが秘訣なのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-09-06 08:20 | 2012年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/16759416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月7日エゼキエル16‐18章...   9月5日エゼキエル10-12章... >>