9月3日エゼキエル4-6章『苦しみの中で教えられること』

懸賞 2012年 09月 03日 懸賞

『苦しみの中で教えられること』

【6:8 しかし、わたしは、あなたがたのある者を残しておく。わたしがあなたがたを国々に追い散らすとき、剣をのがれた者たちを諸国の民の中におらせる。6:9 あなたがたのうちののがれた者たちは、とりこになって行く国々で、わたしを思い出そう。それは、わたしから離れる彼らの姦淫の心と、偶像を慕う彼らの姦淫の目をわたしが打ち砕くからだ。彼らが自分たちのあらゆる忌みきらうべきことをしたその悪をみずからいとうようになるとき、6:10 彼らは、わたしが【主】であること、また、わたしがゆえもなくこのわざわいを彼らに下すと言ったのではないことを知ろう。」

①エゼキエルは、イスラエルの罪にゆえに、
その滅亡が、避けられないことをはっきりと語りました。

しかし同時に裁きの中でも殺されずに、
近隣の国々で生き残る者たちがいることも語ったのです。

・・・苦しみの中で、私たち人間は悩みます。
造り主は「悪と罪」を嫌われます。
そして私たちを聖めるために、私たちの罪を示され、悔い改めに導くのです。

・・・罪を示されたら、イエス様の御名によって告白し、赦しと聖めを頂きましょう。
私たちが聖められることを主は願っておられるのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-09-03 08:45 | 2012年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/16740096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月4日エゼキエル7-9章『い...   9月2日エゼキエル1-3章『主... >>