9月1日哀歌4-5章『主への訴え』

懸賞 2012年 09月 01日 懸賞

『主への訴え』

【5:20 なぜ、いつまでも、私たちを忘れておられるのですか。私たちを長い間、捨てられるのですか。
5:21 【主】よ。あなたのみもとに帰らせてください。私たちは帰りたいのです。私たちの日を昔のように新しくしてください。・・・】

①エレミヤは、主が全能者であり、どんなことでも出来るお方であることを受け止めていました。
しかし、現状の苦しみに対して主に訴えたのです。

・・・私たちは聖書を読む時に、神様がどういうお方であるかを知りますが、
現実がそのようにならないと、迷うことがあるのです。

しかしエレミヤのように、苦しみの中でこそ、全能者である主に訴え続けましょう。

・・・聖書は、訴え続ける私たちを、主は見ておられ、
必ず主の御手が下ることを、約束しています。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-09-01 08:33 | 2012年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/16729219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月2日エゼキエル1-3章『主...   8月31日 哀歌1-3章『主の... >>