人気ブログランキング |

7月17日伝道者の書1-3章『定まった時がある』

懸賞 2012年 07月 17日 懸賞

『定まった時がある』

【3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。
3:11 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。3:12 私は知った。人は生きている間に喜び楽しむほか何も良いことがないのを。3:13 また、人がみな、食べたり飲んだりし、すべての労苦の中にしあわせを見いだすこともまた神の賜物であることを。・・・】

①私たちの人生には、主からの「色々な時」が与えられています。
私たちはその時を逃れることはできません。

ですからその時を乗り越え「しあわせ」を感じるように、主は様々な「恵み」を与えて下さるのです。

「主のなさることは時にかなって美しい」とあります。
主の恵みを今日も受け取り、一日を過ごしましょう。YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-07-17 08:07 | 2012年7月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/16388388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月18日伝道者の書4-6章『...   7月16日箴言28‐30章『主... >>