6月6日詩篇14‐17章『平安に生きる道』

懸賞 2012年 06月 06日 懸賞

6月6日詩篇14‐17章『平安に生きる道』
○私たちは嵐のような状況でも、平安に生きる道があります。それを学びましょう。

【16:7 私は助言を下さった【主】をほめたたえる。まことに、夜になると、私の心が私に教える。16:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。16:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。16:10 まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。16:11 あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。】

①たとえ嵐のような状況であっても、平安に生きる道はあります。
主は日常の喧噪を離れた「夜の時間」に静かに語られることがあるのです。

その静かな声を聞き、主を前にいつも置き、
主の後に従うと。魂に安らぎと平安がやってくるのです。

・・・ある方は、日常の忙しさの中で、なかなか主を意識した生活ができませんでした。
そして言葉がとげとげしくなり、言ってはいけないことを言ってしまったのです。

しかし朝や夜に個人的に主と深く交わる中で、
心の奥に平安がわき上がりました。

そしてそれが習慣になる中で、少しずつ困難の中にあっても、
(雑念ではなく)平安と喜びを感じるようになったのです。

「平安に生きる道」はあるのです。
それはどれだけ日常に、主を意識し迎え入れるに比例するのです。

d0155777_836834.jpg
あなたの「心の扉」を主に開きましょう。
一つの扉が開かれると、
その一つに平安と喜びが与えられるのです。
YccFuji
[PR]

by Happiness-eachday | 2012-06-06 08:36 | 2012年6月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15993795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6月7日詩篇18‐21章『天は...   6月5日詩篇10‐13篇『助け... >>