人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5月21日エステル記7-10章『歴史の中に働かれる神』

懸賞 2012年 05月 21日 懸賞

『歴史の中に働かれる神』

【9:1 第十二の月、すなわちアダルの月の十三日、この日に王の命令とその法令が実施された。この日に、ユダヤ人の敵がユダヤ人を征服しようと望んでいたのに、それが一変して、ユダヤ人が自分たちを憎む者たちを征服することとなった。9:2 その日、ユダヤ人が自分たちに害を加えようとする者たちを殺そうと、アハシュエロス王のすべての州にある自分たちの町々で集まったが、だれもユダヤ人に抵抗する者はいなかった。民はみなユダヤ人を恐れていたからである。9:4 というのは、モルデカイは王宮で勢力があり、その名声はすべての州に広がっており、モルデカイはますます勢力を伸ばす人物だったからである。】

①主の計画の中、エステルの信仰と活躍によって、
すべてのユダヤ人の災いは、逆に恵みへと変えられたのです。

②イスラエルの反対分子は一掃され、
神を信じるイスラエル民族に好意的な者たちが、ペルシャの政治の中心に立ったのです。

そしてこのことによってアハシュエロス王の時代だけでなく、
次のアルタシャスタ王の時代にも、王よりイスラエル民族は優遇され続けたのです。

・・・神が共におられるならば、逆境で終わらないことを知りましょう。

主の計画の中、劇的に問題が好転し、
マイナスがプラスになるような奇跡を経験できるのです。

そしてエステルやモルデガイという個人だけの救いではなく、
民族の救い、次の世代の救いが、個人の信仰を通じて与えられるのです。

5月21日エステル記7-10章『歴史の中に働かれる神』_d0155777_744995.jpg
・・・あなたの勝利はあなただけで終わるのではありません。
それは周りに波及し、
次の世代にも大きな影響を与えるものなのです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-05-21 07:44 | 2012年5月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15895798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月22日ヨブ記1-3章『どこ...   5月20日エステル記4-6章『... >>