人気ブログランキング |

4月11日Ⅰ列王記16-18章『養って下さる神』

懸賞 2012年 04月 11日 懸賞

『養って下さる神』

【17:8 すると、彼(エリヤ)に次のような【主】のことばがあった。17:9 「さあ、シドンのツァレファテに行き、そこに住め。見よ。わたしは、そこのひとりのやもめに命じて、あなたを養うようにしている。」17:10 彼はツァレファテへ出て行った。その町の門に着くと、ちょうどそこに、たきぎを拾い集めているひとりのやもめがいた。そこで、彼は彼女に声をかけて言った。「水差しにほんの少しの水を持って来て、私に飲ませてください。」17:11 彼女が取りに行こうとすると、彼は彼女を呼んで言った。「一口のパンも持って来てください。」17:12 彼女は答えた。「あなたの神、【主】は生きておられます。私は焼いたパンを持っておりません。ただ、かめの中に一握りの粉と、つぼにほんの少しの油があるだけです。ご覧のとおり、二、三本のたきぎを集め、帰って行って、私と私の息子のためにそれを調理し、それを食べて、死のうとしているのです。」17:13 エリヤは彼女に言った。「恐れてはいけません。行って、あなたが言ったようにしなさい。しかし、まず、私のためにそれで小さなパン菓子を作り、私のところに持って来なさい。それから後に、あなたとあなたの子どものために作りなさい。17:14 イスラエルの神、【主】が、こう仰せられるからです。『【主】が地の上に雨を降らせる日までは、そのかめの粉は尽きず、そのつぼの油はなくならない。』」・・・】

①主は「不思議な方法」でエリヤを養いました。
鳥のカラスを用い(17:6)、貧しいやもめを用いたのです。

②イエス様を信じて、神の助けを受けても、
不足を経験する時があります。

しかし主に祈り、主の導きに応答していくならば(やるべきことをするならば)、
主は、私たちの「必要を満たして下さる」のです。

4月11日Ⅰ列王記16-18章『養って下さる神』_d0155777_8193236.jpg
・・・「こんな小さなことは仕方がない」と言わないようにしましょう。
小さなことでも忠実に応答していきましょう。

主の導きならば、「不可能と思えるような方法」で、
主は「必要を満たして下さる」のです。
YccFuji

by Happiness-eachday | 2012-04-11 08:19 | 2012年4月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15705363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 4月12日Ⅰ列王記19-21章...   4月10日Ⅰ列王記13-15章... >>