人気ブログランキング |

3月26日1サムエル22‐24章『人が見ていても見ていなくても・・・』

懸賞 2012年 03月 26日 懸賞

『人が見ていても見ていなくても・・・』

【24:3 彼が、道ばたの羊の群れの囲い場に来たとき、そこにほら穴があったので、サウルは用をたすためにその中に入った。そのとき、ダビデとその部下は、そのほら穴の奥のほうにすわっていた。
24:4 ダビデの部下はダビデに言った。「今こそ、【主】があなたに、『見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ』と言われた、その時です。」そこでダビデは立ち上がり、サウルの上着のすそを、こっそり切り取った。24:5 こうして後、ダビデは、サウルの上着のすそを切り取ったことについて心を痛めた。24:6 彼は部下に言った。「私が、主に逆らって、【主】に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、【主】の前に絶対にできないことだ。彼は【主】に油そそがれた方だから。」24:7 ダビデはこう言って部下を説き伏せ、彼らがサウルに襲いかかるのを許さなかった。・・】

①ダビデはサウルに追われ、何度も殺されそうになりました。
しかしダビデはサウルを尊重し、人間的な安易な手を打つことをしなかったのです。
(またこのことは、サウルを選ばれた、「主」を尊重することでもあったのです。)

・・・人が見ていても見ていなくても、
主に喜ばれることを選ぶことは大切なことです。

そしてあなたが良い判断をしたならば、
主はあなたの判断に報いて下り、
全てが上手くいくように導かれるのです。

3月26日1サムエル22‐24章『人が見ていても見ていなくても・・・』_d0155777_1613796.jpg
・・・軽率に判断して、安易な道を歩まないようにしましょう。

第一のものを第一としていきましょう。

そうすれば、目先は「遠回り」に見えたとしても、
長い目で見るならば「最善の道」なのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2012-03-26 06:10 | 2012年3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15624264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月27日1サムエル25‐27...   3月25日1サムエル19-21... >>