人気ブログランキング |

3月11日士師記1-3章『人を導く者か、ついていく者か』

懸賞 2012年 03月 11日 懸賞

『人を導く者か、ついていく者か』

【 2:7 民は、ヨシュアの生きている間、また、ヨシュアのあとまで生き残って【主】がイスラエルに行われたすべての大きなわざを見た長老たちの生きている間、【主】に仕えた。2:8 【主】のしもべ、ヌンの子ヨシュアは百十歳で死んだ。2:9 人々は彼を、エフライムの山地、ガアシュ山の北にある彼の相続の地境ティムナテ・ヘレスに葬った。2:10 その同世代の者もみな、その先祖のもとに集められたが、彼らのあとに、【主】を知らず、また、主がイスラエルのためにされたわざも知らないほかの世代が起こった。2:11 それで、イスラエル人は【主】の目の前に悪を行い、バアルに仕えた。・・・
3:9 イスラエル人が【主】に叫び求めたとき、【主】はイスラエル人のために、彼らを救うひとりの救助者、カレブの弟ケナズの子オテニエルを起こされた。3:11 こうして、この国は四十年の間、穏やかであった。その後、ケナズの子オテニエルは死んだ。3:12 そうすると、イスラエル人はまた、【主】の目の前に悪を行った。】

①ヨシュアとその世代が亡くなると、
人々は神から離れ、好き勝手なものを崇め礼拝し始めました。

その結果人々は弱くなり、敵の侵略を受けたのです。

②苦しみの中で、民が主に助けを求めると、
主は解放者を起こされたのです。
しかしその者が死ぬと、民はまた好き勝手を始めたのです。

・・・人間には2種類の人がいます。
「真理に従う人(原則を考える人)」と、「人についていくだけの人」です。

真理に従う人は「人を導く者」になります。
しかし人についていくだけの人は「すぐに混乱してしまう」のです。

3月11日士師記1-3章『人を導く者か、ついていく者か』_d0155777_702535.jpg
・・・私たちの人生には「変わらない基準」が必要です。
それを学び身につけた人が、
人を助け、導く人となれるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2012-03-11 07:00 | 2012年3月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15555764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月12日士師記4-6章『人の...   3月10日ヨシュア記22-24... >>