人気ブログランキング |

2月29日申命記25-27章『人の尊厳を配慮する』

懸賞 2012年 02月 29日 懸賞

『人の尊厳を配慮する』

【25:1 人と人との間で争いがあり、彼らが裁判に出頭し、正しいほうを正しいとし、悪いほうを悪いとする判決が下されるとき、25:2 もし、その悪い者が、むち打ちにすべき者なら、さばきつかさは彼を伏させ、自分の前で、その罪に応じて数を数え、むち打ちにしなければならない。25:3 四十までは彼をむち打ってよいが、それ以上はいけない。それ以上多くむち打たれて、あなたの兄弟が、あなたの目の前で卑しめられないためである。25:4 脱穀をしている牛にくつこを掛けてはならない。・・・
26:18 あなたは主の宝の民であり、あなたが主のすべての命令を守るなら、26:19 主は、賛美と名声と栄光とを与えて、あなたを主が造られたすべての国々の上に高くあげる。そして、約束のとおり、あなたは、あなたの神、【主】の聖なる民となる。】

①主は様々な教えを語りましたが、今日の箇所は人間の尊厳を教えています。

②たとえ罪を犯し、明らかに処罰を受けなければならない状況であったとしても、
人間の価値は尊重しなければならないのです。

③神様は人間を、「神の作品」として造られました。
神から離れ、本来の性質を見失ってしまったとしても、
その価値は変わらないのです。

④主は私たちが「宝の民」であり、
主の教えを守るならば、ますます聖められることを記しています。

2月29日申命記25-27章『人の尊厳を配慮する』_d0155777_8372488.jpg
・・・私たちが「価値あるものである」ことをはっきりと受け止めましょう。
そして、人を「処罰」や「注意」する場面でも
尊厳を忘れないように対処しましょう。

私たちは「神の作品」なのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2012-02-29 08:37 | 2012年2月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15502470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3月1日申命記28-30章『主...   2月28日申命記22-24章『... >>