人気ブログランキング |

2月27日申命記19-21章『逃れの道』

懸賞 2012年 02月 27日 懸賞

『逃れの道』

【19:5 たとえば、木を切るため隣人といっしょに森に入り、木を切るために斧を手にして振り上げたところ、その頭が柄から抜け、それが隣人に当たってその人が死んだ場合、その者はこれらの町の一つにのがれて生きることができる。
19:6 血の復讐をする者が、憤りの心に燃え、その殺人者を追いかけ、道が遠いために、その人に追いついて、打ち殺すようなことがあってはならない。その人は、以前から相手を憎んでいたのではないから、死刑に当たらない。】

①主は、わざとではない、不可抗力で起きてしまった事件に対して、
逃れの道(町)を用意するようにと命じています。

②意図的に犯した罪と、
偶然起きてしまった事故とは明らかに違います。
(神様は私たちの動機を見ておられます。)

主は罪に対しては厳しい戒めを与えました。
しかし、わざとではない事故に対しては、
逃れの町を造らせ、そこに逃げ込むようにと指示を出したのです。

2月27日申命記19-21章『逃れの道』_d0155777_22282595.jpg
・・・主が私たちの「動機」を見て下さっていることに感謝しましょう。

ですから私たちは(動機が正しければ)
失敗しても恐れることなく、
次の一歩を進むことができるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2012-02-27 05:26 | 2012年2月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15490947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 2月28日申命記22-24章『...   2月26日申命記16-18章『... >>