人気ブログランキング |

12月27日ヨハネの黙示録7-9章『天国での報い』

懸賞 2011年 12月 27日 懸賞

『天国での報い』

【 7:9 その後、私は見た。見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が、白い衣を着、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立っていた。
7:10 彼らは、大声で叫んで言った。「救いは、御座にある私たちの神にあり、小羊にある。」・・・
7:14 すると、彼は私にこう言った。「彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです。7:15 だから彼らは神の御座の前にいて、聖所で昼も夜も、神に仕えているのです。そして、御座に着いておられる方も、彼らの上に幕屋を張られるのです。7:16 彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことはありません。」】

①ヨハネの黙示録には、天国の様子が何度も書かれています。
(時間的な考察は今日は割愛します)

②主に選ばれ、イエス様を信じたものは、
子羊(イエス様)の血によって罪赦され、
天国にあって素晴らしい世界を受け継ぐことができるのです。

③そして聖書に何度も書かれているように、
そこは悲しみも飢えも痛みもない世界なのです。

神の愛をリアルに感じ、人々の愛を心より感じ、
喜びに満ちあふれた世界なのです。

・・・肉体を持った今の時代の後に、
このような素晴らしい場所(天国)に行くことができる約束を
頂いていることは、大きな安心です。

12月27日ヨハネの黙示録7-9章『天国での報い』_d0155777_10195014.jpg
・・・地上の生活にチャレンジがあろうとも、
私たちの将来はこのような世界に行くことができるのです。

このことを以て希望を持ちましょう。
そして今の与えられたいのちを喜び、
使命を全うしましょう。

神の願いを成し遂げた人物の「報い」は
大きいのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-27 10:20 | 2011年12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15174470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月28日ヨハネの黙示録10...   12月26日ヨハネの黙示録4-... >>