人気ブログランキング |

12月12日1テモテ4-6章『自分自身に教えること』

懸賞 2011年 12月 12日 懸賞

『自分自身に教えること』

【4:8 肉体の鍛練もいくらかは有益ですが、今のいのちと未来のいのちが約束されている敬虔は、すべてに有益です。4:9 このことばは、真実であり、そのまま受け入れるに値することばです。4:10 私たちはそのために労し、また苦心しているのです。それは、すべての人々、ことに信じる人々の救い主である、生ける神に望みを置いているからです。4:12 年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。4:13 私が行くまで、聖書の朗読と勧めと教えとに専念しなさい。
4:16 自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。そうすれば、自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。】

①パウロは信仰の子供テモテに、
主の働きをする上でのアドバイスを語っています。
そして年が若くても、
人々の模範となり、自分に教え、人々を助けるようにと勧めているのです。

②私たちは「役割」を担います。
それが上司だったり親だったりリーダーだったりします。
その役割を果たす時に、最も大切なことは、
自分自身の鍛錬です。

自分自身が理解しているならば、
愛を持って人に分かりやすく教えることができます。

これは愛や信仰、そして主に対する応答をも含めたものなのです。

12月12日1テモテ4-6章『自分自身に教えること』_d0155777_8334278.jpg
・・・私たち自身の成長を求めましょう。
そして聞いていることを聞き流すのではなく、
まず自分にしっかりと教えましょう。

そうすればあなたは人々に役に立つ、
人々から必要とされる人となるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-12-12 08:36 | 2011年12月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/15095247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 12月13日Ⅱテモテ1-4章『...   12月11日1テモテ1-3章『... >>