人気ブログランキング |

10月22日マルコ4-6章『良い地に種をまく』

懸賞 2011年 10月 22日 懸賞

『良い地に種をまく』

【4:2 イエスはたとえによって多くのことを教えられた。その教えの中でこう言われた。4:3 「よく聞きなさい。種を蒔く人が種蒔きに出かけた。4:4 蒔いているとき、種が道ばたに落ちた。すると、鳥が来て食べてしまった。4:5 また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。4:6 しかし日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。4:7 また、別の種がいばらの中に落ちた。ところが、いばらが伸びて、それをふさいでしまったので、実を結ばなかった。4:8 また、別の種が良い地に落ちた。すると芽ばえ、育って、実を結び、三十倍、六十倍、百倍になった。」】

①イエス様は、種まきのたとえを通じて、私たちの心の状態を指摘しておられます。

②良い種(御言葉)がまかれても、
道ばたの堅いところに放置するならば、サタン(鳥)が来て取ってしまいます。

③土の薄いところ(岩地)に落ちると、
芽が出てもすぐに枯れてしまうのです。

④いばらに落ちると、いばら(誘惑)が速く成長してしまい、御言葉をふさぐので、
実を実らせることができないのです。

⑤しかし良い地に落ちた種は、100倍の収穫が可能なのです。

10月22日マルコ4-6章『良い地に種をまく』_d0155777_9242731.jpg
・・・私たちの心はどのような状態でしょうか?
最初は堅いかもしれません。
しかし、難しい状況の中で必死に祈る中で、
備中鍬を入れるように段々と深くまで土(心の状態)が柔らかくなるのです。

そして、雑草やいばら(誘惑)を取り除く中で、
あなたのこころが「良い地」に変わっていくのです。

・・・サタンに御言葉を奪われないようにしましょう。

そして「あなたのこころ」が「良い地」になるならば、後は待つだけです。
収穫の季節が来るならば、
必ず多くの収穫(30倍60倍100倍の収穫)を体験することができるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-10-22 09:24 | 2011年10月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/14802584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10月23日マルコ7-9章『イ...   10月20日マルコ1-3章『イ... >>