人気ブログランキング |

10月3日ミカ書4-7章『主が求めておられること』

懸賞 2011年 10月 03日 懸賞

『主が求めておられること』

【6:6 私は何をもって【主】の前に進み行き、いと高き神の前にひれ伏そうか。全焼のいけにえ、一歳の子牛をもって御前に進み行くべきだろうか。6:7 【主】は幾千の雄羊、幾万の油を喜ばれるだろうか。私の犯したそむきの罪のために、私の長子をささげるべきだろうか。私のたましいの罪のために、私に生まれた子をささげるべきだろうか。6:8 主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。【主】は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。6:9 聞け。【主】が町に向かって叫ばれる。─御名を恐れることがすぐれた知性だ─聞け。・・・】

①ミカはイザヤと同時代(BC700年頃)に活躍した預言者です。
罪の裁きと共に、救い主の誕生場所の預言を記された書簡です(5:2)。

②今日の個所は、「主が求めておられること」が書かれています。
10月3日ミカ書4-7章『主が求めておられること』_d0155777_8434694.jpg
③主は「形だけ」の犠牲や捧げものを喜ばれません。
そして実は、いくら形だけの犠牲を支払っても、
人間には自分の罪の代価を全て支払うことはできないのです。
(だからこそ「救い主イエス様」が十字架の「罪の代価の支払い」をされたのです。)

④主が喜ばれるものは「こころ」です。
主の犠牲を感謝して受け取る素直なこころなのです。

・・・形だけの信仰がむなしいことを知りましょう。
そして「真心」から主を信じ、主と共に歩みましょう。

主と共に歩むことが「最高の知恵・祝福」なのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-10-03 08:44 | 2011年10月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/14681533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10月4日ナホム書1-3章『主...   10月2日ミカ書1-3章『神の... >>