人気ブログランキング |

9月22日ダニエル書10-12章『祈りが答えられる時』

懸賞 2011年 09月 22日 懸賞

『祈りが答えられる時』

【10:12 彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。10:13 ペルシヤの国の君が二十一日間、私に向かって立っていたが、そこに、第一の君のひとり、ミカエルが私を助けに来てくれたので、私は彼をペルシヤの王たちのところに残しておき、10:14 終わりの日にあなたの民に起こることを悟らせるために来たのだ。なお、その日についての幻があるのだが。」・・】

①ダニエルは3週間の喪に服し、主の前に祈り続けました。
その祈りはすでに主へ届いていましたが、
ペルシャの君の妨害を受けたため、
答えを持って御使いがやってきたのは、21日後になってしまったのです。

②主はダニエルに、この後の歴史と、終末時代に起きることを示したのです(11・12章)

・・・祈りは私たちが祈る時に、瞬時に主の前に届けられています。
しかし(主の許しの中で)天的な事情により、
地上にあっては答えが届くのに時間がかかることがあるのです。

9月22日ダニエル書10-12章『祈りが答えられる時』_d0155777_8161851.jpg
・・・私たちは、祈りはじめたならば、
「主が既に聞いて下さっていること」を信じることが大切です。

そして人間の目には遅れるように見えても「あきらめない」で祈り続けることです。

主の計画は「主のタイミング」で実現されます。
主はあなたが、
信じ続け「主の計画を受け取ること」
を願っておられるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-22 08:16 | 2011年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/14609014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月23日ホセア書1‐3章『愛...   9月21日ダニエル書7-9章『... >>