人気ブログランキング |

9月16日エゼキエル40-42章『苦しみの中で希望を受け取る』

懸賞 2011年 09月 16日 懸賞

『苦しみの中で希望を受け取る』

【40:1 私たちが捕囚となって二十五年目の年の初め、その月の十日、町が占領されてから十四年目のちょうどその日、【主】の御手が私の上にあり、私をそこへ連れて行った。40:2 すなわち、神々しい幻のうちに、私はイスラエルの地へ連れて行かれ、非常に高い山の上に降ろされた。その南のほうに町が建てられているようであった。40:3 主が私をそこに連れて行かれると、そこに、ひとりの人がいた。その姿は青銅でできているようであり、その手に麻のひもと測りざおとを持って門のところに立っていた。40:4 その人は私に話しかけた。「人の子よ。あなたの目で見、耳で聞き、わたしがあなたに見せるすべての事を心に留めよ。わたしがあなたを連れて来たのは、あなたにこれを見せるためだ。あなたが見ることをみな、イスラエルの家に告げよ。」】

①主は、エゼキエルが捕囚されて25年目、
エルサレム陥落(BC586年)の14年目に、
主からの特別な幻を見せました。

②この高い山はシオンの山ですが、地上のシオンの山は高くはないので、
ここでは終末論的な意味合いで書かれています。

③主は『新しい神殿を見て、イスラエルに告げる』ようにと語られました。

・・・苦しみが長くつついていても、主はあなたを見捨てているわけではありません。
苦しみには意味があり、そこを通過することで、
主は何あなたに何かの目的を持っておられるのです。

・・・エゼキエルは捕囚の中でも、
主との交わりをし、主の願いを聞き取りました。
この主への姿勢を見習いましょう。

そして、「嘆き悲しむ」ことは止めましょう。

苦しみが長く続いても、
主が与えてくださる「希望」を、しっかりと受け取るのです。

9月16日エゼキエル40-42章『苦しみの中で希望を受け取る』_d0155777_925484.jpg
主は、人に伝えることができるほど「希望」を与え、
私たちを満たして下さるのです。
YCCFuji

by Happiness-eachday | 2011-09-16 09:25 | 2011年9月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/14569087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 9月17日エゼキエル43‐45...   9月15日エゼキエル37‐39... >>