人気ブログランキング |

7月24日イザヤ1-3章『主の喜ばれること』

懸賞 2011年 07月 24日 懸賞

『主の喜ばれること』
【1:6 足の裏から頭まで、健全なところはなく、傷と、打ち傷と、打たれた生傷。絞り出してももらえず、包んでももらえず、油で和らげてももらえない。
1:16 洗え。身をきよめよ。わたしの前で、あなたがたの悪を取り除け。悪事を働くのをやめよ。
1:18 「さあ、来たれ。論じ合おう」と【主】は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。1:19 もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。」】

①イザヤは、神を信じる南ユダの人々にこれらの言葉を語りました。
それは人々が神に立ち返り、赦され、祝福の回復を受けるためでした。

②人々は神から離れ、傷つき、弱り切っていました。
しかし主に助けを求めていながらも、
悪事から離れず、形式的に主を礼拝していたのです。

③主ははっきりと語られました「さあ来たれ。論じあおう」と。

④主は形式的な宗教儀式を望んではおられません。
あなたが主を信じ、主に生で叫び、正直に助けを求めることを願っておられるのです。

そして主に「赦しと聖め」を求めるならば「雪のように白くなる」と約束されているのです。
そこで初めて真に主に喜ばれることができるのです。

7月24日イザヤ1-3章『主の喜ばれること』_d0155777_23521934.jpg
・・・あなたの神との関係は「生きたもの」となっているでしょうか?
主にすべてをぶつけてみましょう。そこから何かが始まるのです。

主があなたの叫びを受け止めて下さる時、
素晴らしい「主の業」が進むのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-24 00:50 | 2011年7月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/14174259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月25日イザヤ4-6章『主の...   7月23日雅歌5-8章『愛の強... >>