人気ブログランキング |

7月4日詩篇131-133篇『クリスチャンの交わりの祝福』

懸賞 2011年 07月 04日 懸賞

『クリスチャンの交わりの祝福』
【133:1 見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。133:2 それは頭の上にそそがれたとうとい油のようだ。それはひげに、アロンのひげに流れてその衣のえりにまで流れしたたる。133:3 それはまたシオンの山々におりるヘルモンの露にも似ている。【主】がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。】

①クリスチャンが集まる中には祝福があります。
世界人口の3分の一はクリスチャンですが、
日本においてのクリスチャン人口は少ないため、
職場や一般の付き合いの中では
クリスチャンとしての交わりはなかなかできない現実があります。
しかしもし集まり、主の恵みを語り合うことができたならば、
そこには大きな喜びがあるのです。

②イエス様も「2人3人集まる中にわたしはいる」と仰いました。
クリスチャンが複数集まると、そこにイエス様が強く働いて下さるのです。

③新約へブル書には「集まることをやめたりせずに励まし合うように」
と勧めています。
定期的な教会での交わりは、信仰の原動力になるのです。

7月4日詩篇131-133篇『クリスチャンの交わりの祝福』_d0155777_0101428.jpg
・・・集まることを積極的に求めましょう。
そして集まったならば共に祈りましょう。
主はクリスチャンの交わりを通じて、
あなたの信仰を強め、
祝福の人生へと押し出して下さるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-04 00:11 | 2011年7月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13964905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月5日詩篇136-140篇『...   7月3日詩篇126-130篇『... >>