人気ブログランキング |

7月2日詩篇121-125篇『助けはどこから』

懸賞 2011年 07月 02日 懸賞

7月2日詩篇121-125篇『助けはどこから』
【121:1 私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのだろうか。121:2 私の助けは、天地を造られた【主】から来る。121:3 主はあなたの足をよろけさせず、あなたを守る方は、まどろむこともない。121:4 見よ。イスラエルを守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。121:5 【主】は、あなたを守る方。【主】は、あなたの右の手をおおう陰。121:6 昼も、日が、あなたを打つことがなく、夜も、月が、あなたを打つことはない。121:7 【主】は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守られる。121:8 【主】は、あなたを、行くにも帰るにも、今よりとこしえまでも守られる。】

①あなたは絶体絶命の時に、助けがあると信じることができますか?
それが「できるか、できないか」によって、
人生の危機にどのように対処できるかが決まります。

③創造主の実在を信じ、
主が自分を助けて下さると信じることのできる人は、
「絶体絶命」の状況下でも、「不思議な平安」で過ごすことができるのです。

④初めての駅でも、○○行きの列車が必ず○○駅に到着すると信じて列車に乗るように、
信仰は「見えない事実を確認する作業(へブル11:1)」です。

あなたは聖書を通じてどのような「真理」を学んでいますか?
それをどのように生活に生かして行動しているでしょうか?

7月2日詩篇121-125篇『助けはどこから』_d0155777_1029066.jpg
⑤・・・信仰が小さなものであっても、
主はその信仰を通じて奇跡を私たちに与えようとされているのです。

聖書の真理を信じて生活に適応するならば、
あなたの生活は「劇的に素晴らしいもの」へと変えられるのです。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-07-02 10:29 | 2011年7月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13951033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 7月3日詩篇126-130篇『...   7月1日詩篇119-120篇『... >>