人気ブログランキング |

5月24日ヨブ記3-6章『落胆しているものの心』

懸賞 2011年 05月 24日 懸賞

『落胆しているものの心』
【6:1 ヨブは答えて言った。6:2 ああ、私の苦悶の重さが量られ、私の災害も共にはかりにかけられたら。6:3 それは、きっと海の砂よりも重かろう。だから、私のことばが激しかったのだ。・・・
6:9 私を砕き、御手を伸ばして私を絶つことが神のおぼしめしであるなら、6:10 私はなおも、それに慰めを得、容赦ない苦痛の中でも、こおどりして喜ぼう。私は聖なる方のことばを拒んだことがないからだ。・・6:14 落胆している者には、その友から友情を。さもないと、彼は全能者への恐れを捨てるだろう。】

①ヨブは、すべき良いことは全てしていた正しい人でした(1章)。
しかし神の許可の中、サタンの攻撃によって、
財産と子供たちを失い、病気にもなるという考えられない不幸を経験しました。

②ヨブの心はひどく傷み、彼は呻き、主に祈り、死さえも願ったのです。
・・・ヨブは状況をすべて理解できませんでした。
しかしこのような状況にあっても彼は主に祈り続けたのです。

人間では不可能な状況の中にあっても、
私たちには「訴えることができるお方」がいるのです。
このお方に祈る時、私たちは救いと解決へと導かれるのです。

5月24日ヨブ記3-6章『落胆しているものの心』_d0155777_9493033.jpg
落胆する状況下こそ、主に祈りましょう。
そしてもしあなたの友人ががそのような状況ならば、
分析ではなく友情を現しましょう。

「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣く」
これが主が私たちに教えることなのです(ロマ12:15)。
YCCFuji

by happiness-eachday | 2011-05-24 09:49 | 2011年5月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13640010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月25日ヨブ記7-9章『仲裁...   5月23日ヨブ記1‐3章『苦し... >>