5月8日Ⅱ歴代22‐24章『問題の先の解決を見て進む』

懸賞 2011年 05月 08日 懸賞

『問題の先の解決を見て進む』
【23:3 そのとき、彼(祭司エホヤダ)はこう言った。「ご覧のとおり、【主】がダビデの子孫について約束されたように、王の子が王となるのです。・・」23:11 こうして彼らは、王の子(ヨアシュ)を連れ出し、彼に王冠をかぶらせ、さとしの書を渡して、彼を王と宣言した。そしてエホヤダとその子たちが彼に油をそそぎ、「王さま。ばんざい」と叫んだ。・・・24:1 ヨアシュは七歳で王となり、エルサレムで四十年間、王であった。24:2 ヨアシュは、祭司エホヤダの生きている間は、【主】の目にかなうことを行った。】

①祭司エホヤダは、王の子ヨアシュを王として立てました。
なぜなら王の子が王となると信じ、実行したからです。
・・・現状に不条理があっても、それで終わるものではありません。
不条理の先に「解決」があることを信じた者が、
問題を乗り越えることができるのです。

②ヨシュア王は祭司エホヤダの指導を受けている間は、
主に従いましたが、
祭司の死後は主から離れてしまいました。
・・・指導を受け、守られた者はいつか「受け身」から
「主体的な信仰」に移らなければなりません。

私たちも様々な指導者から育てられますが、
主に従い続けるのは
最後には『自分の意思による』のです。

③苦難の中でも、主の御心を信じて、問題の先の「解決」を見続けて進みましょう。
また誰が見ていなくても主に従い続けましょう。

d0155777_737339.jpg
人の目ではなく、神の目を意識して生きる人は、
どんな時にも
主の助けを受けることができるのです。
YCCFuji
[PR]

by happiness-eachday | 2011-05-08 07:37 | 2011年5月 | Trackback

トラックバックURL : https://yokkaichic.exblog.jp/tb/13534467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 5月9日Ⅱ歴代25‐27章『止...   5月7日Ⅱ歴代19-21章『主... >>